美容皮膚科 傷跡の残らない顔痩せの施術

小顔治療

美容皮膚科には、おもに肌トラブルの改善を図るための施術が行われる施設になります。肌トラブルには、シミやそばかす・たるみといったものが該当し、見た目を損なわせるものばかりです。これらの現象は、醜く見せるだけでなく実年齢よりも年老いて見えることもあるため、人一倍気を遣う必要があります。現在では、医療技術が飛躍的に向上しているため、上記の肌トラブルに加えてニキビ跡も解消することができます。

美容皮膚科には、肌トラブルの改善だけでなく、肌を綺麗に見せることにも重点を置いています。特に、小顔効果を促す施術には、顔全体を小さく見せるよりも痩せる作用をもたらします。この原理には、単に顔全体に付着している脂肪を、薬品の注入によって分解するものとなっています。そのため、運動による脂肪の燃焼よりもはるかに効率が良く、部分痩せを実現可能にしています。美容皮膚科の大きな特徴には、メスの執刀を用いない施術がメインであることです。小顔の施術の場合、注射器を用いて行われるので、顔を傷つけることなく脂肪の融解のみが行われることになります。これも、若い女性が客層の中心ゆえ、出来る限り顔に傷をつけずに美容効果のある施術に臨んでいることが分かります。